動画を無料視聴しよう

スパイキッズ1

      2018/09/19


もともとはスパイキッズというタイトルだったけれども、シリーズ化されてからは「スパイキッズ1」と呼ばれることが多くなりましたね。

これまでのシリーズの中でも個人的には最もパワーを感じる作品です。やっぱり長くシリーズ化されるような作品は、初代から勢いがあるものなのかもしれません。

これからスパイキッズシリーズを見始めようという方は、順番通り1からみることをオススメします。

スパイキッズ1のあらすじ(ネタバレなし)

スパイキッズ1の舞台は、米ソによる冷戦真っただ中にあるアメリカ。グレゴリオとイングリッドはそれぞれ敵対する国家のスパイとして活動しており、お互いが相手を暗殺する指令を受けていた。殺害を指令されたもの同士という関係にありながら、互いに惹かれ合い、ついには結婚することとなる2人。共にスパイとしての活動を引退し、2人の子供を授かり幸せな日々を暮らしていた。そんなある日、最高のスパイのノウハウがインプットされているという「第3の脳」を奪還するという最高機密のミッションを遂行中に、2人は悪の組織の罠にはまり捕えられてしまう。この事件によって、自分たちの両親が元スパイだったことを知った2人の子供(カルメンとジュニ)は、悪の組織の目的に気づく。そして、その悪の組織はグレゴリオとイングリッドのみならず、その2人の子供までもターゲットとして襲い掛かってくるのだった。

スパイキッズ1のモンスターについて

yahoo!知恵袋で、スパイキッズ1に出てた親指みたいなモンスターの名前について質問がありました。私もそれを見て急に知りたくなりましたが、ある方が「サム」(thumb)だという回答を寄せていたのを見て、すっきりしました。(よく覚えてるなぁ…)

スパイキッズ1にもいろんなモンスターが出てますが、なかなかかっこいいモンスターが多いですね。

キャスト・スタッフ(日本語吹き替え声優)

監督
ロバート・ロドリゲス(ROBERT RODRIGUEZ)
出演
グレゴリオ・コルテス:アントニオ・バンデラス、大塚明夫、小山力也
イングリッド・コルテス:カーラ・グギノ、高乃麗、湯屋敦子
カルメン・コルテス:アレクサ・ヴェガ、清水理沙、西村ちなみ
ジュニ・コルテス:ダリル・サバラ、常盤祐貴、瀧本富士子
フループ:アラン・カミング、小堺一機、高木渉
イサドール・マチェーテ:ダニー・トレホ、廣田行生、廣田行生
デブリン:ジョージ・クルーニー、小山力也、石塚運昇
ダナゴン・ギグルス:マイク・ジャッジ、金尾哲夫
ミスター・リスプ:ロバート・パトリック、増谷康紀、横島亘
アレクサンダー・ミニオン:トニー・シャルーブ、岩崎ひろし、佐々木梅治
フェリックス・ガム:チーチ・マリン、楠見尚己、辻親八
ミセス・グラデンコ:テリー・ハッチャー、日野由利加
ブラット:アンディー・W・ボズリー、水間真紀
コンピューター#1:重松朋
コンピューター#2:高森奈緒
TV男 小森創介
※(役名、米国俳優、日本語吹き替え1、日本語吹き替え2の順番)
※日本語吹き替え1:VHS・DVD・BD収録版
※日本語吹き替え2:オンデマンド配信版

 - 洋画