動画を無料視聴しよう

ペンギンハイウェイ

   

ペンギンハイウェイのあらすじ

映画「ペンギンハイウェイ」は、森見登美彦が2010年に発表した小説が原作です。少年の一夏を瑞々しい感性で描いた作品で根強い人気があります。

森見登美彦は「ペンギンハイウェイ」で第31回日本SF大賞を受賞しています。森見登美彦のベストセラー作品は、「夜は短し歩けよ乙女」「有頂天家族」などです。気鋭のスタジオコロリドにより、2018年夏に「ペンギンハイウェイ」がアニメーション映画としてスクリーンに登場します。

主人公は小学四年生の少年アオヤマくんです。アオヤマくんの日課は、日々世界について学んだことをノートに記録することです。アオヤマくんには気になる存在があります。それは通っている歯科医院のお姉さんです。胸の大きいお姉さんは、気さくで自由奔放だけど、ミステリアスなところがあります。アオヤマくんはそんなお姉さんのことも真面目に研究していました。来月から夏休みというある日、アオヤマくんの住む街にペンギンが現れます。ペンギンは海のない住宅街に突然現れ、そして消えてしまいます。

ペンギンはどこからやって来て、どこへ消えてしまったのでしょうか。さっそくアオヤマくんはペンギンハイウェイの研究を開始します。そんな時アオヤマくんは、お姉さんが投げたコーラの缶がペンギンに変身するところを目撃してしまいます。アオヤマくんが呆気に取られていると、お姉さんが笑顔で「謎を解いてごらん」と言いました。他方では、アオヤマくんの仲間であるウチダくんが、森の奥の草原に大きな球体があると教えられます。アオヤマくんたちはペンギンと一緒に謎の球体にも挑んでいきます。

球体とペンギン、そしてお姉さん。アオヤマくんはその全てが繋がっているのではないかと思うようになります。そんな中、お姉さんの体調が変化すると、街に異常現象が起こります。避難勧告が発令された時、アオヤマくんは一つの仮説に辿り着きました。果たしてアオヤマくんは、全ての謎を解くことができるのでしょうか。

 - 国内映画