動画を無料視聴しよう

ミライの未来

   

未来のミライは、「時をかける少女」や「サマーウォーズ」などをのヒット作品を手掛けた細田守監督の作品です。映画は、とある都会の片隅にある複雑な造りの小さな家でスタートします。その家の庭には小さな木が生えていました。4歳の男の子のくんちゃんは、家で母方のおばあさんと一緒に自宅でお母さんをまだかまだかと待っていました。

今日、お母さんは生まれたばかりの赤ちゃんを連れて、病院から自宅に戻ってくるからです。しばらくすると、車が止まる音がしました。お父さんとお母さんがすやすやと眠る妹を連れて家に戻ってきたのです。妹には、ミライという名前が付けられました。しかし、これ以降、くんちゃんの状況は一変します。これまでは、両親の関心はくんちゃんにありました。

しかし、小さな妹の登場により、両親の関心は妹に移ったのです。くんちゃんが両親を呼んでも返事がかえってこない。くんちゃんは面白くありません。そして、妹に両親を奪われたと思うようになります。そんなある日、くんちゃんが庭に出ると、そこにはセーラー服を着た少女が立っていました。そして、その少女はくんちゃんのことを「お兄ちゃん」と呼ぶのです。そのセーラー服の少女は、なんと未来からやってきたミライちゃんでした。

まだまだ不思議なことが続きます。その日の夜、くんちゃんはお母さんと一緒にアルバムを見ていました。アルバムにはお母さんの昔の写真がありました。お母さんの結婚式の時、学生の時、そして子どもの頃の写真。お母さんに片付けをするように言われ、駄々をこねていたくんちゃんをなぐさめたのは、なんと、若い頃のおかあさんでした。

また、ある日、くんちゃんは近所の公園で、お父さんと自転車に乗る練習を行っていました。周りを見ると、補助輪をつけて自転車に乗っているのはくんちゃんだけ。お父さんにお願いして補助輪を外してもらい、お父さんに手伝ってもらって自転車に乗ろうとしますが、上手く乗ることができません。心細くなったくんちゃんはお父さんを呼びますが、お父さんは返事をしてくれません。そんなとき、エンジンのような音が聞こえてきました。そこには、工場のような場所でバイクを直していた一人の男がいました。実はこの男はひいひい爺さんでした。次々にくんちゃんの身の回りに起こる不思議な出来事。くんちゃんの冒険が始まります。

 - 国内映画